呼吸器外科にも勃起不全治療薬は豊富にあるのか

勃起不全とはED(Electile Dysfunction)の名で知られる症状で、勃起ができなかったり十分な勃起状態を得られない事で、満足な性行為が行えない状態を意味します。身体的・心因的な要因で発症しますが、多くのケースは勃起不全治療薬を使用する事で症状が改善します。

EDに効果的な勃起不全治療薬は、勃起を妨げる酵素の働きを抑制し、陰茎への血液流入量を増加させる事で勃起を促します。病院やクリニックで処方可能な勃起不全治療薬は現在バイアグラ・レビトラ・シアリスの3種類の薬剤が存在しています。それぞれ効き目の強さ、速効性や持続時間に差があり、個人の体質によって合う薬剤を選びます。勃起不全治療薬は副作用が強いイメージがありますが、十分な治験の結果、安全性が確立されています。

勃起不全治療薬の処方を受けるには専門の泌尿器科へ訪れるのが一般的ですが、内科や呼吸器外科でも豊富なラインナップが揃っている病院が存在します。高血圧や糖尿病などの身体的な要因で生じるEDは、決して珍しい症状ではないので医師に相談してみましょう。
ED治療は保険が適用されませんので、全額自己負担の自費診療として扱われます。また、心臓の治療を受けている場合は、併用禁忌薬剤を服用している可能性があるので、来院時には服用中の薬かお薬手帳を持参していくと手間が省けます。

勃起不全治療薬を最も安全に入手できるのは病院ですが、薬剤が高額なため経済的な負担が大きいのも事実です。その場合は同一成分のジェネリック医薬品を個人輸入する方法も存在します。個人輸入は手続きが煩雑なため、輸入代行業者から通販購入するのが一般的ですが、信頼できる業者でないと偽造品等の粗悪な薬剤を販売している場合があるので注意が必要です。