勃起不全治療の先発薬

勃起不全はEDとも呼ばれ、加齢やストレス、けがや薬の影響など様々な原因によって引き起こされる病気です。
勃起不全というと全く勃起しないイメージが強いですが、勃起するのに時間がかかってしまう、十分に硬くならない、勃起の持続が困難であるなどの場合も勃起不全の可能性があります。
勃起不全は男性としての尊厳にかかわるばかりではなく、満足いく性交ができないために、パートナーとの関係が悪化してしまうこともありえます。
それを治療するのが勃起不全治療薬です。

勃起不全治療薬は現在さまざまなもの流通しており、またジェネリック薬品も販売されていますが、勃起不全治療薬の先発薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスです。

バイアクラ、レビトラ、シアリスにはそれぞれクエン酸シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルという成分が含まれており、いずれも薬理学上の作用機序は同様なもので、勃起する際にそれを抑止してしまうホスホジエステラーゼ-5(PDE-5)と呼ばれる酵素を阻害し、陰茎海綿体平滑筋の緊張を緩和することで血流を良くし、十分な勃起を引き起こす、というものです。
誤解されがちですが、性的な意欲・物理的な刺激などがない場合は勃起を起こすことはできず、また性欲の助長にも効果はありません。

前述のように同じような働きをするこの三種類の勃起不全治療薬ですが、それぞれに特徴があります。
バイアグラは食事やアルコールの影響を受けやすく、高い効果と即効性を得たい場合には空腹時に服用することが推奨されています。
レビトラは比較的食事の影響を受けにくく、また先発勃起不全治療薬三種類の中で最も即効性が高いとされており、およそ4,50分で血中濃度が最大まで達することが特徴です。
シアリスは食事の影響を受けず、食後・空腹後どちらに服用しても構わないことや、効果の持続時間が最大36時間と長いという特徴があります。

薬である以上、副作用もつきものです。
三種に共通する副作用として、頭痛や鼻づまり、顔のほてり、視覚以上、血圧変動、めまい、動悸などが出る場合があります。
また、注意事項として、心不全や狭心症の人や、それらの治療に用いられる硝酸薬などの薬剤との併用は禁忌とされています。
レビトラの場合は抗真菌薬であるイトラコナゾールや、抗不整脈薬、抗ウイルス薬などの一部が併用禁忌となっているため注意してください。

いずれの薬もさまざまな特徴がありますが、人によって合う合わないがあるため、自分に合う治療薬を選ぶことが大切です。

バリフはレビトラのジェネリック医薬品です
薬のネット販売なら”あんしん通販薬局”がオススメです
■副作用のリスクが比較的少ないフォーゼスト